<講師プロフィール>

 

小田   茂 <おだ  しげる>

 

○水彩画教室スケッチ工房主宰(大阪・京都・奈良各教室にて)

 

○宇治茶・煎茶の名産地である、茶源郷の京都府相楽郡和束町(そうらくぐん わづかちょう)の茶畑の美しい景観に魅せられて

アトリエ【遊茂庵(ゆうもあ)】を構え、絵画教室を主宰する傍ら和束町の風景を描き続け、和束町の魅力を発信する水彩画家として、地域活性化も行っている。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    <経歴>

1947年…岡山県に生まれる

55歳にして独立、自分流に生きる事を決意

 

1999年…◎東京上野の森日本の自然を描く展 入選

 

2000年…◎同展 連続入選

 

2001年…◎大阪労美展洋画部門 審査員特別賞 受賞

 

2002年…◎同展 奨励賞 受賞

    …◎絵画教室<スケッチ工房>を設立

 

2003年…◎京都府・和束交流センターにて絵画常任講師

 

2004年…◎京都府・けいはんなプチさろんにて 絵画教室『スケッチ工房 透明水彩画講座』開講。

      その後、大阪、奈良、京都エリアの各地にて透明水彩画教室を開講

      

      ◎生徒作品による『スケッチ工房展』『モノギャラリー展』、春秋のスケッチ遠足など                    のイベントを企画・開催

 

2005年…◎京都府相楽郡和束町石寺に<山のギャラリー&絵画教室 遊茂庵(ゆうもあ)>をopen

 

2008年…◎京都府相楽郡南山城村の小中学生による絵画共同制作イベントの特別講師を務める

 

2009年…◎『和束茶カフェ』にて和束の景観を描いた絵ハガキセットを販売(2016年現在では絵ハガキセット、手ぬぐい、タペストリーが有り)、新聞に掲載

 

2010年…◎KBS京都テレビ『未来26』にて紹介

     ◎和束町・笠置町、南山城村の3町村の子ども達を対象にした『合同絵画教室』にて美術講師を担当

 

2010年…◎茶畑の景観を描いた巨大風景画を和束町役場へ寄贈

     ◎リーガロイヤルホテル大阪内ギャラリースペースにて、グループ展『茶源郷和束展』開催

     以降、和束茶の煎茶のパッケージ文字デザイン、和束町の地域ロゴマークデザイン

     和束町内の新成人に向けたポストカード製作など

2011年…◎NHK京都放送局ニュース630『京いちにち』のコーナー『京のええとこ連れてって』にてテレビ出演

    ・・・◎~現在まで、毎年開催の和束町茶源郷まつり『フォト&スケッチコンテスト』の審査員を務める

           …◎〜現在まで、和束町社会福祉協議会シニアサポート学級にて美術の講師を担当

   ・・・◎絵を通じて町の活性化を行っているとして和束町長より、感謝状を授与

2014年…◎ABC朝日放送テレビ『ココイロ』出演

    ◎京都府宇治茶の世界遺産登録推進プラットフォーム主催

     『宇治茶をいかした景観まちづくりシンポジウム』にてトークセッション

 

2016年…◎宇治茶の郷づくり協議会発行の観光案内マップ『日本遺産「日本茶800年の歴史散歩」~京都・山城~をサイクリングマップ』の表紙絵をデザイン

    …◎2016年openの和束町の観光宿泊施設『和束荘』に絵画7点を寄贈        

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


↓下の画面をクリックして頂くと写真が表示されます。↓